SUKINAKOTOSHITEIKITEIKU

ソシャゲ以外の趣味について

トラガスの最近(9ヶ月)

トラガス、前回から特に変化なしです。

ここ1ヶ月は膿んだりもなく、軟膏塗ることもなくてほぼほったらかしだったような気も。

トラガスは裏側の掃除が本当に難しく、日頃気を遣っていてもすぐ耳垢が溜まってしまいます😭😭かといって念入りに洗おうとすると勢いあまって痛めるし……

ここはもう諦めて、普段も一応洗うけどその段階ではあまりクオリティは求めず、ときどきカメラ付き耳かきでチェックして耳垢が溜まっていたらキレイにする……ということにしています😓

特に難しいのがシャフトの裏側!

耳の穴の入口からみてシャフトの裏側に耳垢が溜まっていることが多いのですが、いくらカメラ付き耳かきでも、こんな細かい場所をシャフトやピアスホールに触れずにキレイにするのは至難の業🥺

ときどきピアスホールをガリッてやっちゃって叫んだりしながら耳かきしています🥹そういうときは肉芽にならないように軟膏塗ったりしています……

一度ピアスを外して表も裏もキレイに洗いたいよ〜〜!!!!

そしてわたしのピアスの中で唯一シルバーになってしまっているトラガス。

せめてそろそろボールだけでも交換できないかな……?

フォワードヘリックスの経過(4ヶ月)

左耳のフォワードヘリックスが来週で4ヶ月経ちます🥳🥳

開けた直後は腫れまくって苦しんだのですが😅その後は比較的順調で、たまに肉芽っぽくなったりしつつも大きなトラブルには発展しないままそれなりな感じになってきました。

フォワードヘリックスって、耳の中でもかなり手が当たりやすかったり髪の毛が引っかかりやすかったりする位置にあるので、これまでも何度か傷めてしまい、そのたびに軟膏を塗っているのですが、まあそれですぐ治るので、わたしの他のホールに比べたらおとなしい方だと思っています。

最初の頃はピアスを押し込むのも痛くて、シャフトの余りのぶんが出っ張っていてもそれを引っ込めることができず、より引っ掛けやすくて危ない……という感じだったのですが、4ヶ月も経とうかという現在は出っ張ってる部分を押し込んでも痛みはないので助かってます。

ちょっとシャフト余ってて邪魔だなあと思うこともありますが、ピアッシング直後はすごく腫れたので、必要な長さではあったと思います。

でももうそんなに腫れたりしないし、折を見て短めのに変えたい気持ちもありますね。

 

 

 

 

 

 

⛔⚠🚧⛔⚠🚧⛔⚠🚧 ここからは汚い写真です ⛔⚠🚧⛔⚠🚧⛔⚠🚧

 

 

 

 

 

 

先週美容院に行ったのですが、フォワードヘリックスって圧倒的に美容院で触られがちな位置でしかもガッツリ出っ張っているのでガンガンに当てられてしまい、帰宅後には真っ赤に🥹

これはしょうがないよな〜自分でもたまにぶつけちゃうしな😅

というわけでここから数日はステロイド軟膏を塗って対処しました。

さらに、裏側なんですが……

マジで裏側全然洗えないしめちゃめちゃ汚くなる!!!!!

シャワー時には当然、お湯を当てようと試みてもいるんですが、どうも大して当たってないみたいで、一定期間おきにカメラ付き耳かきでチェックしてみると死ぬほど耳垢が溜まってる……という状況を繰り返しています😓

どうしようもないので、チェックしたタイミングで慎重に耳かきしてキレイにしています🥺

耳垢溜まってるときの耳掃除って楽しいから、ちょっと喜んじゃってる自分もいます🥹

金属アレルギーかと思ったら化膿だった

タイトルのとおりなんですけど……

わたしの耳は現在、ロブには左右2箇所ずつホールがあるのですが、右上のホールがちょっと前からめちゃめちゃ痒くなってました。

耳の裏もなんか痒いし、ホールそのものも痒い……触ってみると(※不用意に触ってはいけない)なんか湿疹ぽいのもできているような感触が😓シャワーでお湯を当ててみると熱をもったような感覚もありました。

これはついに金属アレルギーきたか!?ロブは比較的安定してきているというのに、どうしてこのタイミングで……と思っていたのですが、痒みが出てきて数日後、三面鏡で確認したところ化膿していたようで、ホールから膿が溢れ出てきました😇

化膿で痒くなることもあるという話は聞いたことある気もするのですが、自分の経験だと化膿したら痒いよりも腫れて痛い場合が多かったので、こんなに痒くなるんだ!とびっくりしました😳

家に残っていたリンデロンVgを3日ほど塗っていたら、痒みも膿の排出もなくなりました。

自分自身もアレルギー体質だし、家族にも金属アレルギーの者がいるので、ついにきたか……と覚悟を決めかけていたところだったので、治ってよかったです😭😭

ピアスをしたまま美容院に行く

ピアスホールを開け始めて9ヶ月。

軟骨のホールはまだまだ年月が足りてなくて、基本的にどこも安定していません。

なので、やむを得ずピアスを装着したまま美容院に通っています。

めちゃめちゃ迷惑な客だよな〜と思いつつも、自分の目的のためなので仕方なく、毎回ピアスの位置を説明して、施術時に気をつけるよう頼み込みつつ、耳周辺はシャンプーとかもほどほどにしてもらって、帰宅してから自分で念入りに洗うようにしています。

今通っている美容院はもう10年以上通い続けているということもあり、こういったことも遠慮しつつお願いできる間柄なので、そこはすごく助かっています。

皆さんどうしてるんですかね〜?ピアスが安定するまでの間の美容院🤔

しかもお願いしていてもやっぱり、どうしても多少は当たっちゃうんですよね。

わたしが開けている箇所で特に当たりやすいのはヘリックスとフォワードヘリックス。

アンテナヘリックスとかインダストリアルとかも、開けてればたぶんめちゃめちゃ当たるでしょうね〜

アウターコンクとかインナーコンクとかはどうなのかな?ロックとかは大丈夫そうですよね。わたしが開けてるとこでもダイスは影響ないです(シャンプー時にお湯が垂れてきて不安になったりはしますが)

フォワードヘリックスはまだ開けて4ヶ月足らずなんですが、先日の美容院で結構ぶつけられちゃって、ホール周辺が肉芽っぽい感じになっちゃいました😅まあこういうときは軟膏を塗っとくに限る!🫵

調べてみると、ピアスの前も後ろもフラットにできるキャッチとかもあるみたいですね。こういうのなら引っ掛けにくいのかな?でも引っかかっちゃったらボールよりも引っかかりが強そうだし、逆に危ない気も🤔

ちなみに、わたしはだいたい4ヶ月おきくらいに美容院に行っているので、新しくピアスを開けるときは美容院に行った直後に開ければ、次に美容院に行く頃にはホールも4ヶ月くらいは経って多少は安定に向かっている……という寸法でこれまでやっていました。

4ヶ月くらい経てば、ちょっと触っただけでイテッ!とかはないんですけど、やっぱガンガンぶつけられると痛いですね😅

手抜きのガレットブルトンヌを作った

長年電子レンジしかなかった我が家。今年の始めに念願のオーブンレンジを導入したので、お菓子作りをやってみました🥳🥳

最近はYouTubeで、動画・音声付きで作り方を教えてくれる人がたくさんいてめちゃめちゃ便利!昔はレシピ本をテーブルに広げてやらなきゃならず、場所をとるから広いテーブルがないと無理。しかも本ってうまく開かず勝手に閉じちゃうやつが多いし、地味にストレスでしたよね😅

子供の頃は母と一緒にクッキー作りとかを楽しんでいたので、やっぱり最初に作るのはクッキーがいいかな……と思っていたところ、ガレットブルトンヌというバター多めの厚焼きクッキーみたいなのが案外簡単にできるという動画を見つけ、挑戦してみることにしました!

めんどくなって手を抜いたところもあるけど、自宅で自分だけで楽しむ用としてはそれなりの出来にできたので、手抜きポイントを紹介していきたいと思います(人にプレゼントしたり、どこかに出品するってことであれば、手は抜かないほうがいいと思います笑)

ちなみに我が家で使っているオーブンレンジはこれです↓

レシピはこちらを参考にしました。

recipe.cotta.jp

個人的な手抜きポイント

世の中のガレットブルトンヌのレシピで困ったところ。

  • 生地を1cmの厚みに伸ばすためにアクリル棒が必要←!?
  • 焼くときに円形の型が大量に必要
  • 何回も冷蔵庫でタネを冷やすのがめんどくさい
  • 普通の砂糖じゃダメなの?
  • 刷毛なんかない

アクリルルーラーなしで目分量でも大丈夫

まずアクリル棒はなくて大丈夫です!目分量で、まあこのくらいだろうって厚みに伸ばせば大丈夫。

厚みにばらつきがある場合、おそらく焼き上がりにムラができてるんだとは思うけど、わたしは気になりませんでした笑

気になる人は割り箸とかでも代用できるっぽいです。

セルクルはベーキングカップで代用

ガレットブルトンヌって、焼くときにも金属の型を大量に使うレシピが多いんですけど、これのためだけに金属の型を大量に普段から保管しておくのって、場所も取るしちょっと……って感じじゃないですか?金属製の型ってスタックできないものがほとんどですよね。

そんなときには「ベーキングカップ」がおすすめです!!!!

Amazonを見てみるとシリコン製で何度も使えるものやアルミ製のやや頑丈なものなどもあるようなので、好みに合わせて用意すると良いと思います。わたしはIKEAの65ピース入り299円の紙カップを使いましたが、これでも全然大丈夫でした👍

生地を冷やすのは型抜きの前だけで大丈夫

ガレットブルトンヌ、生地冷やすタイミング多すぎ😅

型抜きの前に3時間〜半日冷やす、さらに型抜きした生地をまた冷蔵庫に入れる、型抜きして残った生地をまた一旦冷やしてから型抜きする……そんなことやってらんなくないですか?笑

と思って、型抜きの前にチルドで2時間冷やしただけでやってみたんですが、やっぱり冷やすシーン多いのには理由があって、目に見えてどんどん生地が柔らかくなっていくのでめちゃめちゃ焦る!

手早くやれば大丈夫でしたが、これは2月という気候もあってのことかも……あまりにも柔らかくなりすぎると油分が分離しちゃうとかありそう。結構柔らかい状態のまま焼成してしまいましたがちゃんと焼けはしたので、クッキー生地と呼べる程度の硬さは保てている状態ならセーフかもです笑

粉砂糖じゃなくても普通の砂糖でも大丈夫

普通の砂糖じゃなく粉砂糖・粉糖を使うレシピが大半なのですが、家に普通の砂糖が大量に余ってるのにこれのためにわざわざ粉砂糖を買うのってちょっと……と思い、この、家にあったごくふつ〜の砂糖でやってみましたが、これも全然大丈夫でした!

でも粉砂糖で作ったらもっと美味しいのかもしれないな〜。

この砂糖使い切ったら粉砂糖でも試してみたいと思います😇

焼く前の卵黄は一応スプーンでも塗れる

焼く前に卵黄を刷毛で塗るシーン、刷毛なんかこのために買ってないよ……とスプーンで塗ってみたら一応塗れました。

が!

ここで卵黄をつけすぎると、食べたときに「表面に黄身がついてる感」がめちゃめちゃあります😅スプーンで薄塗りするのはかなり難しいので、刷毛はあったほうがいいかも……というか、もしくは塗らなくていいかもしれないです笑 純粋に見栄えの問題だと思うので……

 

材料さえ揃えば手軽に作れそうな感じだったので、バターのグレードを上げてみたり、砂糖や薄力粉を変えてみたりして食べ比べてみたいと思います🥳

ダイスの経過(5ヶ月)・シリコンチューブ治療の様子 ※写真あり

去年の8月末ごろ病院で開けてもらった右耳のダイスが、今月で5ヶ月になりました!

ピアッシング直後の大量出血、度重なる肉芽、シリコンチューブ治療など、このダイスに関してはたった5ヶ月でいろいろな出来事がありましたが、幸運にも排除の気配などはなく頑張っています🥹

ピアッシング直後にトラブルがあり、シリコンチューブに変えてもらっていたのですが、10月に一旦シリコンチューブ治療を終えてサーキュラーバーベルに戻し、それからしばらく経った11月なかごろ、再び肉芽ができていることが発覚しました。

ダイスの肉芽チェックはカメラ付き耳かきがめちゃめちゃやりやすいです!Amazonで数千円で買えるのでおすすめです!

そんなこんなで、その頃のダイスの写真はこちら👇
※キモい写真なのでぼやかしています。クリックしたら具体的な写真が表示されるので注意!

ガッツリ肉芽になってますよね〜😅やっぱりシリコンチューブからサーキュラーバーベルに戻すの、早かったのかもしれない😭

この直後、前回シリコンチューブ治療をしてもらった病院で再度診察してもらったところ、見えないところに膿や浸出液も溜まってしまっていたようで、それらを絞り出され、再びシリコンチューブに戻すことになりました。無念!

さらにこれまで使っていたステロイド軟膏の効果がさほど出ていないかもということで、こちらも変更になりました。

 

そして朝晩軟膏を塗り、ホールの内部にまで軟膏が行き届くようにシリコンチューブを回転させる、というのを続けること数日👇

早くも肉芽は引いてきました!

肉芽って早い段階で軟膏つけるとすぐしぼむよね。

しかしまだホールは赤くて痛々しい様子🥹

 

さらにそこから1週間経った頃👇

赤みも引いてきました👋

でもホール周辺がなんだか白くグズグズしていて、お世辞にも調子良いとは言えなさそう😅

ここで再診となりましたが、やはりまだバーベルに戻すのは早いだろうということで、このままシリコンチューブで年越しとなりました。

 

そこから2週間後、クリスマス頃の様子👇

シリコンチューブが透明なのでホールがよく見える!

一応順調にキレイになっていってる気もします。

 

そして年越し後の1月10日👇

※ホールの右側の塊はたぶん軟膏

いい感じです!

 

この10日後再診で、サーキュラーバーベルに戻してもらえました🤗

サーキュラーバーベルに戻してから2週間後👇

いまのところ肉芽もなく、キレイなホールができていっています🥳うれしい!

ダイスは骨も厚いし、入り組んだところにある部位なので、完成までもっていくのは難しいのでは……という気がなんとなくしていますが、なんとか無事完成してほしいところです😭😭

 

ところで、ダイスのサーキュラーバーベルが、首を動かした拍子にパタパタ動いてしまうことがあるのですが、これってホールに結構な負担になってそうだよな〜と……

あまり動かなそうなバナナバーベルに一度変えてみるか?と思ったりもしたけど、調べてみると、バナナバーベルをファーストピアスに使ってしまうとその形(直線に近い形)にホールが適応していってしまうため、将来的にリング状のピアスを装着したときに再度負担をかけることになってしまうし、上側のキャッチが常にホールを押しつぶす状態になってしまえばそれも負担になるし……ということで、おとなしくサーキュラーバーベルをつけ続けています🥹

 

ダイスのここまでの経過(詳しくはダイスカテゴリの記事一覧へ)

2023年
8/25 … ピアッシング
8/26 … 大量出血。シリコンチューブ治療開始
10/15 … シリコンチューブ卒業
11/6 … 肉芽発覚
11/11 … 肉芽がしぼんでるのを確認
12/3 … 再度シリコンチューブ治療開始

2024年
1/20 … シリコンチューブ卒業

トラガスの最近(8ヶ月)

写真ないんですけど、トラガスは相変わらずたまに荒れたりしつつも基本的には落ち着いています。

開けてから4〜5ヶ月くらいまでは、荒れを通り越して肉芽っぽくなっちゃうことが結構あったんですが、今ではそこまで肉芽っぽい感じになることはほとんどないです。

かといってちょっと念入りに洗うか〜といじるとすぐホールの周囲が赤く、汁っぽくなってきてしまい、綿棒でつつくとうっすら赤い液体がつく……みたいな感じになるし、かといって洗わずにおいてもすぐ黄色い塊が付着してそこから膿んでいくし、なかなか難儀な状況が続いています😅

トラガス開けたときにピアッサーの方にも言われたのですが、ピアスホールは完成するまで赤ちゃんと同じで、こういう難儀な状況になることは承知した上で丁寧なケアが必須、というお話だったので、それはそうだよな〜と思いながらケアしていっています。

状態としては、安定しかかっているけど完成にはまだほど遠い、という感じかな?

今後もがんばります✊✊✊